シャトー ラッソル、久しぶりに色々並べてます


ラッソルと出会ってから随分と時間が立ちましたが…最近、やっとキャラが掴めてきたような気がします…(^_^;)


掴めた、といっても相変わらずそのスタイルは自由だし、”どれが本当の顔”なのかわからないような『振り幅の大きさ』は相変わらず。


彼女のカベルネ フランの品の良さにはいつも驚かされていますが、今回はカベルネ ソーヴィニヨンもすごく良かった。


アド ナチュラム赤はちょっとマッチョさがありますがしなやかで行きすぎないバランス感がいいです。

フェ マンはもろに好みでしたね。

柑橘のような爽やかさも感じつつ適度な凝縮感と旨味のバランスが絶妙。

今回はアブリューがポイントですね。


ラッソルのロゼ(アブリュー)ってもっとアセロラっぽいキレッキレな酸があるイメージでしたが、今回のルージュ ダンフォールは果実の厚みを感じるステキなロゼ…赤…???です。


ほろ苦みがいいアクセントになっていてピンクグレープフルーツっぽさが良かったです。


メルティング ポートは、まさに春の味。 ピンピンの跳ねるような酸が気分を高揚させてくれますね。

はやく暖かくなって外飲みしたい!と思いました(^o^) あと、少しだけヤウマのセミヨンを連想するかも。


やっぱりこう書いただけでも振り幅がでかい。。。


ぜひこのラッソルの世界を皆さんにも体験していただきたいと思います!